公務員としての薬剤師メリット

日本において最も安定した就職先といえば…やはり「公務員」だと思います。
何故なら給料が保証されているうえ、民間企業に蔓延るリストラという悲しき惨状に遭うこともないからです。
もちろん、薬剤師も国家資格を有した「公務員」です。
そして薬剤師が活躍できる職場は、想像以上に多いことがわかります。
「国公立病院や各保健所から、水質管理の企業局・消費生活科学センター~さらには自衛隊から警察の麻薬取締官まで…。」
こういった職場はネットの求人サイトに多数掲載されています。

薬剤師転職サイト

安定した生活を求めているのであれば、薬剤師を公務員の1つの選択肢として考えてみるべきだと思います。

薬剤師の仕事内容を調べてみよう

医療機関では様々な職種の方が活躍されていますが、治療には薬は欠かせない存在となっていますので、薬を取り扱う薬剤師は医療機関ではとても大切な役割を果たしていると言えます。
そしてその仕事内容を改めてチェックしておきたいものです。
まず病院やクリニックで働く薬剤師の場合は、医師の処方箋に従い、その人に合った薬を処方することとなります。
そして、その薬を飲む患者さんに正しい服用方法や副作用について詳しく説明を行うことも薬を安全に利用するためにはとても大切な仕事と言えるでしょう。
さらに薬には飲み合わせの悪いものもありますので、飲み合わせの悪い薬が処方されていないか、効果が重複しているものが処方されていないかもチェックしておく必要があり、これも薬の知識が豊富な薬剤師だからこそ出来る仕事と言えます。転職活動が比較的容易なのも薬剤師の特長です。